WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだす。

WiMAX2+の料金はいくらなのか?最安値を狙うにはどうすればいいか?

本日はWiMAX2+の料金がどのくらいであるのかについて、ご紹介いたします。

 

やはり、このような新しい高速データ通信の料金というのは、気になるものでしょう。

 

思っているよりも安価であれば、すぐにでもWiMAX2+に変えたいと思うでしょうし、高ければ、まだもうしばらく今のままで我慢しようということにもなりますからね。
WiMAX2+も、その他のデータ通信と同じように、さまざまなプランがあります。

 

そして、それは今後、変化することも考えられますから、あくまでも現在の時点での料金ということになります。

 

実際に、契約しようと思う場合には、必ずUQ WiMAXのサイトでご確認くださいね。

 

現在のプランはとりあえず2つあります。

 

「UQ Flatツープラス ギガ放題」・・・こちらは、頻繁に利用されるかた向けの完全定額プランで、月4380円となっています。データ容量に制限はありません。ただし大量の帯域を1人で専有してしまわないように直近3日で3GB以上利用すると翌日から通信速度が6Mbpsに制限されてしまいます。それでも6Mbpsですから、YouTubeやニコニコ、Huluなどの動画配信サービスのHD画質動画(720p)はスムーズに見られる程ではありますので、ネットの使用に支障が出るわけではありません。

 

「UQ Flatツープラス 」・・・こちらは似たような名前ですが、ギガ放題ではありません。ギガ放題と違うのは、月のデータ容量に7GBの制限があることです。料金は月4196円となっていてギガ放題とほとんど変わりません。なので通常はギガ放題の方を選ぶのが無難と言えるでしょう。

 

こうやって見てみるとそんなに光回線よりも安いとはいえませんね。最近ではプロバイダ料金も安くなってきて、光回線も月5000円以下で維持できる様になってきましたから。

 

しかしWiMAX2+には光回線にはない利点が1つあります。

 

それは、持ち運べるというところです。

 

WiMAX2+はモバイルルーター経由で通信をしていますから、それを持ち運べばどこでもインターネットができるということです。

 

これはパソコンのみならず、スマホでも使えます。なのでキャリアのデータ通信容量などを気にする場合はWiMAX2+を使えばスマホの通信量を節約できます。

 

なのでWiMAX2+を持っていれば、スマホのデータ通信容量を7GBとか10GBとかにする必要がなく、最低容量で良くなるので、その分通信費の節約になるというわけです。

 

格安SIMも活用すればパソコンやスマホの通信費を全て合わせても6000円ほどにしかなりません。

 

このような節約ワザを具体例を示して詳しく解説してくださっているサイトがあります→WiMAX2+とDMM mobileのセットで一人暮らしの通信費を最安にできる|ぴィすまさんより

 

6000円というのはこのサイトを見て知りました。

 

キャリアの通倫料金と光回線とで毎月の通信費にヒーヒー言っている人もいるでしょうから、この機会に読んでみると良いと思います。

 

WiMAX2+を使って通信費節約できるんだなって言うのがよく分かります。

 

と話がWiMAX2+のプランと料金の話からけっこうそれてしまいましたが、WiMAX2+の料金は基本的に本家UQWiMAXで契約しても、So-netやとくとくBBやBIGLOBEなどのプロバイダーと契約しても変わりません。

 

とくとくBBがほんの少し安いですが微差です。

 

ですが、一つ料金に大きく関わってくることがあって、それがキャッシュバックです。プロバイダーごとのキャッシュバックの量によって最安値を狙うことができるのでそれらを次からは考えていきましょう。

 

上記のサイトでもいろいろ解説していました。それも参考にしつつ、管理人も書いていきたいと思います。

関連ページ

WiMAX2+をはじめとする無線通信も光回線と同等の激速時代が到来しています
WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。
スイッチを入れて起動してすぐWiMAX2+の電波を探してネットに繋げてくれます
WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。
WiMAXを海外で使う
WiMAXを海外で使う、WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。