天然酵母もイーストなのです

天然酵母もイーストなのです

天然酵母もイーストなのです
イースト菌と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

 

大体は市販されている生イースト、ドライイーストを思い出す方が多いと思います。

 

それでも天然酵母もイースト菌の一種だって知っていましたか?天然酵母を英訳すると「ナチュラル・イースト」というそうですのでイーストの仲間なんだなという事がお分かり下さるかと思います。

 

けれども実際には天然酵母と生やドライイーストなんかは区別される事が多いみたいですが何が違うのでしょうか。

 

 

 

自然にある色んな酵母菌の中から発酵力がある菌を選び出し、他の雑菌が混ざらない様な環境で培養している物を生イーストまたはドライイーストと呼んでいます。

 

酵母菌は世の中に無数に存在し、そこから選んで純粋培養している事を考えると酵母菌のエリートという存在かもしれません。

 

主にはサッカロミセス・セレビシエという菌が使われているそうです。

 

純粋培養されている上に仕上げまでに再び純度を高めていますので使いやすいイースト菌ができ上がるという訳です。

 

イーストを使うと発酵が安定的にでき短時間でパンを焼く事が出来ます。

 

一方天然酵母は穀ものや果ものの周りにある菌を培養して作られている昔ながらの酵母となります。

 

発酵力が在るものとか菌を選んではいない為、出来上がりは環境によって都度変わってきます。

 

発酵力はイーストに比べると情けない為、長時間発酵させなければなりません。

 

今は天然酵母パンの方が手間は加わるけど美味しいとして人気を集めています。

 

 

 

 

今と昔のパンを比較してみる

昔のパンを知っている世代に聴いてみると、「昔の方が美味しかった」という方が結構多いらしいのです。

 

それは案の定なんでなのでしょうか。

 

今のパン作りの主流となっているイースト菌、昔はイースト菌の培養技術が先ほど進んでいなかった事もあり、イースト菌以外の菌も混ざってしまったり酵素等、発酵中に発生してしまう発酵生もの質を省く技術も無かったと言います。

 

そういったイースト菌以外のものはパンの旨味を引き出すものとされていたのですが、酵母にイースト菌以外のものが含まれた事により発酵が安定しないというデメリットが発生してしまうのです。

 

そうすると仕上がりも都度変わりますのでパンを作る側から言って誠に取り回しにくい酵母だという事になるのです。

 

そこで安定してお客さまにパンを提供出来る様に開発を重ねて今のイースト菌が出来上がったと言います。

 

昔のパンの方が美味しかったと言うのは、揃え難い酵母だけど天然酵母というイースト菌であった為、旨味を引き出していたからだったのかもしれませんね。

 

だからこそ今天然酵母パンの人気が上昇しているのでしょう。

 

もちろん今のイースト菌で美味しいパンが作れないと言っている訳ではありません。

 

材料の組み合わせによって充分に美味しいパンを焼く事は出来るのです。

 

ただしイースト菌は短時間発酵が特長の為、長時間発酵で引き出せる旨味や風味は得られないと言います。

 

取り敢えず美味しいものを仕立てるにはそれだけ手間暇かけなくてはいけないのかもしれませんね。

 

だからこそ今、天然酵母パンに注目が集まっているのではないでしょうか。

 

 

 

 

オリジナル天然酵母を作ってみる

天然酵母もイーストなのです
市販されている天然酵母によって天然酵母パンを作っても良いですが、その天然酵母自体も最初から作ってオリジナルの自家製天然酵母を作ってみてはいかがでしょうか。

 

あるパン教室を開いている先生が果ものによる天然酵母を出し、それを使ってパンを作った所、凄い美味しいパンが焼き上がったそうです。

 

なので自身の生徒さんにも教えようとした所、なんだか賢くいかなかったみたいなのです?作り方は同じなのに何故そうした現象が起きてしまったのでしょうか。

 

多分ですがパーティー教室では終始色んな酵母が空気中に浮遊しているので、そのイースト菌等の酵母が交じり込んでしまって賢くいかなかったのではないかと推測されます。

 

そう考えてみると、オリジナルの自家製天然酵母を創るには定める環境によって大分左右されるという事になるのです。

 

いかにおんなじ原料によっても違う酵母が叶うかもしれないという訳ですね。

 

そういった事象は天然酵母に限った話ではありません。

 

発酵食品を作ろうとした際には起こり得る現象なのです。

 

天然酵母を定める際、果ものや穀ものを原料とした使い、それに付着している菌を培養させていくのですがそのやり方や菌によって味が随分なると言います。

 

環境が凄い大事なので天然酵母はとてもデリケートである事が分かります。

 

そう言う意味で言うと、天然酵母を取る度に違う天然酵母が生まれる、随分世界にグループしかないものだという事がお分かりいただけます。

 

ですからそういう天然酵母で美味しいパンが焼けた時はおそらくメチャクチャ嬉しい事だと思いますよ。

 

 

 

 

パンの原点を作ってみましょう

近年、健康志向な方が増えてきた事もあり安全安心なパンを望む方が増えてきたそうなのです。

 

添加ものや小麦粉に対する不安が在るのかもしれませんね。

 

そういった背景もあり、今天然酵母パンに大きな注目が集まっているそうです。

 

日本で好まれるパンと言うのは、菓子パンが主流となっていた為、フランスパンやバゲットの様な硬めのパンと言うのは敬遠されていたかの様に感じます。

 

思い出してみると悪いころ食べていたパンって、あんパン、クリームパン、ジャムパン、メロンパンと何ともアンパンマンの世界のパンを主に食べていた様な気がします。

 

これらは日本が独自に作り上げたパンになり日本でのパン文化を築き上げてきた訳です。

 

意外にもパンは高カロリーだったのです。

 

ですからという訳ではありませんが、小麦粉本来の味を楽しむパンと言うのは日本ではもっと脇役にいた様な感じがします。

 

フランスパンとか味が欠けるからお断りという方も結構いたと思いますよ。

 

 

そういった歴史の中、食のセキュリティーに粘り、パン本来の美味しさを追求し、たどり着いたのがシンプルな天然酵母パンで、パン本来の美味しさが喜べると原点に戻っている様な現象が起きている感じがするのです。

 

本来のパンは砂糖やあんを取り混ぜなくても、小麦粉の味だけで充分に遊べるというのです。

 

日本の主食ってお米ですよに。

 

産地やブランド、味にこだわっている方も多い事でしょう。

 

それと同じ様にパンも小麦粉本来の味を喜べる様に追求していくと、天然酵母パンが良いとか色んな事が分かってくると思いますよ。

関連ページ

天然酵母とはどんな物?
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
イーストについて
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
天然酵母パンの基本的な作り方【一次発酵まで】
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
nationalのホームベーカリーを使って天然酵母パンを焼いてみましょう
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
MKのホームベーカリーで天然酵母パンを作ってみましょう
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
美味しいパンを作りましょう
天然酵母もイーストなのです、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。