イーストについて

イーストについて

イーストについて
現在発売されているパンに使われているイーストというのが開発されたのは第一次世界大戦の事だったそうでドイツで誕生したそうです。

 

当時は戦争中という事も有り、食もの不足も深刻でした。

 

短時間で大量にパンを発酵させる事が出来るという事でイーストが開発され世界中に流行る様になりました。

 

今は私達の周りに在るパンの酵母として浸透していて天然酵母パンにも殆どイーストが使われていると言われています。

 

但し天然酵母をかわいがりている人の中にはイーストを使うと味わいも劣るし、工業的だからお断りという人もいるそうなのです。

 

イーストは工業的に作られたものと言っても微生ものに対して純粋培養させたものですので化学的に作り出したものではないという事になります。

 

それとなく余裕ものが天然酵母で自然じゃないものがイーストというイメージがあるようですね。

 

そういったイーストにも生イースト、ドライイーストという2つの種類が有ります。

 

文字通り生イーストを乾燥させたものがドライイーストと言うのですが、水分量を生と比べて6~8%にしたものだそうです。

 

そうしてドライイーストには更に発酵が必要なもの、発酵が不要で丸々小麦粉に入るものがあるそうです。

 

ドライイーストの方が生イーストと比べて作業時間が短縮出来るのでパンの風味が良くなるとも言われているそうです。

 

パンを作るのに今は欠かせないと言われているイーストですが、イーストの特徴をよく知ってそれによってご家庭でホームベーカリー等を使って作ってみても良いと思いますよ。

 

 

 

 

天然酵母について

今ではパンを作るときの主流になっているイースト。

 

このイーストが誕生する前までは天然酵母が使われていたそうです。

 

天然酵母はその土地に有る果実、植ものによる培養し、自家製酵母を作っていたそうで、その自家製天然酵母を通じてパンを作っていたベーカリーも多かったそうです。

 

その天然酵母を代々引き継いでいるベーカリーも今でもあるらしいですよ。

 

天然酵母の元となるものとしてブドウなんかはメジャーな様ですが、日本酒もご飯と米麹を混ぜてある事から天然酵母だと言われています。

 

今ではイーストを通じてパンを作るのがメジャーな為、天然酵母パンを買おうと思うとトクホ屋とか、こだわりを所持しているベーカリーとかでしかもらえなかった様です。

 

ただし今では天然酵母パンを扱っているお店が増えてきた事も有り、以前より買い易くなったそうです。

 

また天然酵母パンを手作りする為の教室やレシピ、本もたくさん有る為に知名度も高まってきている様に感じます。

 

どうして天然酵母パンが身体に良いと言われているのか、それは天然酵母を作りあげるときの材料が選び抜かれている事、粉や水も厳選されている事、手間暇かけて作られている事があるからではないかと思います。

 

実際天然酵母パンを作るには手間暇がかかります。

 

発酵させるのにイーストと比べて約4倍ほどの時間がかかりますし、焼き上がる時間も長いです。

 

この加減が凄い難しいとされています。

 

自然の力を利用して自然の風味を引き出している時間だと考えると良いかもしれませんね。

 

 

 

 

ホシノ天然酵母について

イーストについて
ホシノ天然酵母という種類の天然酵母が有ります。

 

普通の天然酵母と何が違うのでしょうか。

 

同じなのでしょうか。

 

ホシノ天然酵母と言うのは東京の町田市にホシノ天然酵母パン種という会社で作られている天然酵母になります。

 

パンを発酵させる食材から菌を採取して何かと研究開発を通じて作られた酵母だそうです。

 

近年健康ブームが強い過熱している様に感じますよね。

 

そのブームの中天然酵母の存在も流行る様になり、ホシノ天然酵母パン種ももうすぐ流行る様になってきたそうです。

 

このブームに乗って出来上がった会社かと思いきや、1951年創業という老舗の会社であるので昔から天然酵母を作ってきた会社だったのが今注目を詰める様になったそうです。

 

この会社は原料や製造技術にもこだわりを見せているそうで原料には小麦、米、水、麹が使われていて、技術には日本の製酒技術を通じているそうです。

 

通常天然酵母だけを使ってパンを作ろうとすると安定的な発酵力は出来ないので仕上がりが決めるたびに変わってきます。

 

ただしホシノ天然酵母はドライイーストという特性を携帯している為、割り方安定した発酵力を保持しているのです。

 

とはいうもののドライイースト程少なく発酵はしないので、まさか時間をかけてパンを作る事になります。

 

今日は時間が有るからパンでも作ってみようかなとおもう様なら挑戦して見ると良いですね。

 

初心者けれども売り易いので風味豊かな天然酵母パンを作る事がとれると思いますよ。

 

 

 

 

天然酵母とドライイーストは何が違うのでしょうか

よくパンを作る際に天然酵母とドライイーストが比較対象に上がると思います。

 

ただしこの2つは一体何が違うのでしょうか。

 

ドライイーストはパンを発酵させる力が著しい原料となる菌をたくさん集めて培養して作られている物になります。

 

ドライイーストを使う事で天然酵母では実現できない位短時間でパンを発酵させる事が出来るのです。

 

菌を取り集める原料は果ものや穀ものからになりますから天然酵母と同じなのですが、天然酵母は丸ごと培養するのに対してドライイーストは手強い菌だけを人工に集めて培養させているので発酵力も強くなるのは当然ですよね。

 

ですからドライイーストによる普通のパンと天然酵母による天然酵母パンの大きな違いと言ったら発酵もの質が違うという所になると思います。

 

まぁ天然酵母パンに使われている物は自家製天然酵母やホシノ天然酵母が使われている物に対し、普通のパンで有ればドライイーストが使われているという違いだという事になります。

 

また最近はご自身のご家庭でパンを作る事も増えてきているみたいですね。

 

そこで簡単に使えるのもドライイーストになります。

 

スーパーに行くと簡単に手に入る為に使いやすいという理由も有りますね。

 

またパンを発酵させる時間が少ないと言うのも綺麗だと思います。

 

対して天然酵母はどこでも購入出来るというものではなく、パン材料を置いている店、お菓子材料を置いている店、インターネット等で購入するのが主な手段だそうです。

 

身体に良いとは思っていても手に入れるのが面倒であればどうしても手を出せないですよね。

 

そういった違いが天然酵母とドライイーストには見て取れるのです。

 

 

 

 

天然酵母パンを作ってみましょう

イーストについて
天然酵母パンを作るには生種を設けるのが第一段階になります。

 

用意する物は天然酵母(ホシノ天然酵母パン種を使うと簡単です)、口が広めの瓶、ナイフ、ぬるま湯になります。

 

瓶は直前に熱湯消毒しておきましょう。

 

約30℃位のぬるま湯を100cc程瓶に入れます。

 

その中にホシノ天然酵母パン種を入れてよくかき混ぜます。

 

ナイフを使うとむらが出来辛いです。

 

そうしてラップをかけてつまようじか何か使って5つ位穴を開けておきましょう。

 

その後は25~35℃位の案外温かい部屋に置いて捨て置きましょう。

 

大体24時間位で2~3回程混ぜて譲ると良いですね。

 

クール状態で作ろうとするとしばし時間がかかってしまいますので注意して下さい。

 

出来上がりの目安ですがブツブツと気泡が出てきますのでその気泡が小さくなるころわずか生種を舐めて下さい。

 

ビールの様にまさかピリッとした感覚がしたらなので生種の完成になります。

 

完成したら発酵し続けていきますので冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。

 

瓶のふたを閉めてシャワーキャップかラップをかぶせておくと嬉しいみたいです。

 

扱う際には生種が分離している可能性が有りますので、よく混ぜてお使い下さい。

 

出来れば1回で使いきって頂ければ良いのですが、10日間位は持ちますのでその期間に使いきって下さいね。

 

もしも活かし切れなかったら発酵力が落ちてしまいますのでピザ生地になんか使っても良いかもしれませんね。

関連ページ

天然酵母とはどんな物?
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
天然酵母パンの基本的な作り方【一次発酵まで】
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
天然酵母もイーストなのです
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
nationalのホームベーカリーを使って天然酵母パンを焼いてみましょう
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
MKのホームベーカリーで天然酵母パンを作ってみましょう
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
美味しいパンを作りましょう
イーストについて、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。