WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだす。

WiMAX2+をはじめとする無線通信も光回線と同等の激速時代が到来しています

モバイル通信には4GやPHS、更にはPocket WiFi、これらとは少し異なる方式のWiMAX2+(元WiMAX)が存在します。

 

 

特に近年はWiMAX2+というものが登場し、その最高速度が220Mbpsになるとかで、光回線と同等の激速時代が到来しています。

 

 

光回線も1Gbpsとかなんとか言っているので無線が有線と肩を並べることができるようになるのはできないかもしれませんが、それでも一昔前のADSLなんかもう虫けらみたいなものですね。

 

 

無線でYouTubeの動画が見れる時代が来るなんて、インターネット黎明期の何の装飾もない文字と単色の背景しかないようなペラペラのWebページばかりの時代からしたら想像できませんでした。

 

 

もう光ファイバーを有線で繋げる理由なんて格闘ゲームやFPSゲームやる目的以外は必要性が無いんじゃないかって思ってしまうくらいですね。

 

 

WiMAXだと外出時もインターネットが使えるのでカフェで仕事したりなんかもできたりして、事務所にいなくてもきちんとした仕事ができてしまいますよね。

 

 

バスでツアーに行ったり、特急や新幹線での移動中でも素早いインターネットが利用できてしまいますね。

 

 

これからの世の中は無線通信技術の進歩によって、仕事のあり方からレジャーの楽しみ方まで世界全体がいい意味で変化しそうですね。

 

 

 

 

関連ページ

WiMAX2+の料金はいくらなのか?最安値を狙うにはどうすればいいか?
WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。
スイッチを入れて起動してすぐWiMAX2+の電波を探してネットに繋げてくれます
WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。
WiMAXを海外で使う
WiMAXを海外で使う、WiMAX2+で一番安いプロバイダを探しだします。